【解決済み】cloudflareでSSL化したらSearch Consoleに登録できなかった話

wordpress,記事cloudflare,SearchConsole,TLS

スポンサーリンク

なぜ出来ないんだあああ!!!

cloudflareの無料SSL(暗号化)

最近、SSL必須必須ぇ!!

と、googleさんが騒がしい推奨するので、cloudflareでフレキシブルながらSSL化させることにしました。
ああ、フレキシブルなSSLというのはサイトのある本鯖とcloudflare間の接続はSSLではなく、cloudflareとクライアント(ブラウザ)間の接続だけSSLにするやり方。

でー、今回その接続に成功してサーチコンソールに(https版)登録しようとゴニョゴニョ

「サーバーに接続できませんでした」

?????

htmlデータを使った登録で…

んー、なぜでしょうね、サイトにhtmlを設置してブラウザからアクセスも出来、なんの問題もないように見えますが…

なぜかサーチコンソールがそのURLを認識してくれないʅ(◔౪◔ )​ʃ
仕方なくmetaの方法でやることに(キャッシュプラグイン入れてるからあまりやりたくなかった)

しばらくしてから次はmetaで登録を押すも…

まあ同じ結果、そこでサイトの速度を測るサイトにhttpsでのURLを打ち込んで計測してみると…
なんとこのサイトも計測失敗!!これはgoogleとcloudflareとwordpressのどれかが原因だと思い早速調査。

何が原因?

htmlデータはwordpressが介入する部分がないのでwordpressは白
htaccessを疑いましたが、そもそもIPの制限やサーバーに拒否設定してないので大丈夫かと。

次にサーチコンソール、と言ってもサーチコンソールは設定など無いのでこちらが合わせるしか無いので諦める。
こればっかりはgoogle側の頑張りかと(;・∀・)

というわけで消去法でcloudflareさん、「お前が犯人かー!!」
早速ダッシュボードにダッシュ。(そこサムイとか言わない!!)

で、cloudflareのSSL関連を早速設定見直し、とここで思ったのがTLSとHSTS。

TLSは、多分暗号方式や形式といったところでしょうか、1.0,1.2,1.3とバージョンが有り自由に選べます。
デフォルトは1.0ですが、ネットで1.3は通信が早いということで1.3にずらしてましたが、もしかしたらgoogle側が1.3に対応してない?
と思い、1.0に戻しました。1.2でもいいはずですが、古い機器だと1.0じゃないとだめな場合があるので。

次にHSTS、HSTSはhttpのアクセスをhttp(SSL)に誘導、切り替えるシステムだと認識してます、が。
実はその設定の上に、HSTSとは別にhttp→httpsに変えるスイッチが、なんかある。()

HSTS意味ねえじゃん!?

というわけでHSTSは切りました。

さて、ここんところが怪しい設定だったのでコンソールに再度挑戦

結果

キィタアアアアアアアア!!!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

無事登録成功!!

めんどいから設定替えはこのままにしますw
結局HSTSとTLSどちらが犯人なのやら(多分TLSだけど)