windows10 1803 アップデート「KB4467702」

スポンサーリンク

KB4467702

windows10 1803、月例更新となります。
なお今日からwindows10 1809の再配布も開始されてます、手動で更新ソフトを使ってインストールできます。

以下日本語向けに翻訳済み引用

改善と修正


このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

  • AMDベースのコンピュータ用の投機的ストアバイパス(CVE-2018-3639)と呼ばれる投機的実行サイドチャネル脆弱性の追加サブクラスに対する保護を提供します。これらの保護は、デフォルトでは有効になっていません。Windowsクライアント(ITプロ)のガイダンスについては、KB4073119の指示に従ってください。Windows Serverのガイダンスについて は、KB4072698の指示に従ってください。これらのガイダンス文書を使用して、投機的ストアバイパス(CVE-2018-3639)の軽減を有効にしてください。さらに、Spectre Variant 2(CVE-2017-5715)およびMeltdown(CVE-2017-5754)に対して既にリリースされている緩和策を使用してください。
  • 開発者向けツール(F12)がMicrosoft Edgeから開始されない可能性のある問題に対処します。
  • Microsoft Edge、Internet Explorer、Windowsスクリプト、Windowsアプリケーションプラットフォームおよびフレームワーク、Windowsグラフィックス、Windowsグラフィックス、Windows Media、Windows Wireless Networking、Windows Kernel、およびWindows Serverのセキュリティ更新プログラム

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれている新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください

このアップデートの既知の問題


症状 回避策
8月の品質ロールアッププレビューまたは2018年9月11日の.NET Frameworkの更新プログラムをインストールすると、SqlConnectionのインスタンス化によって例外がスローされます。この問題の詳細については、Microsoft Knowledge Baseの次の記事を参照してください。

4470809 .NET Framework 4.6およびそれ以降のSqlConnectionインスタンス化の例外.2018年8月〜9月の.NET Frameworkの更新。

マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。
このアップデートをインストールすると、Open with …コマンドまたは設定 > アプリケーション既定のアプリケーションを使用して、特定のアプリケーションとファイルの種類の組み合わせに対してWin32プログラムの既定値を設定できないユーザーがいます

場合によっては、Microsoft Notepadまたは他のWin32プログラムをデフォルトとして設定することはできません。

場合によっては、アプリケーションのデフォルトを再度設定しようとすると成功します。

マイクロソフトは解決策に取り組んでおり、2018年11月下旬にソリューションが提供される見込みです。