【2018年版】LIVE2Dを無料でできるか?

スポンサーリンク

最近何処のソシャゲも、2Dキャラが動くのはもはや当たり前になってきてますね。

さて今回は、2Dキャラを動かすソフトがどんなもんか紹介。

LIVE2D(有料)

LIVE2Dがほとんどのソシャゲで使われています、特に「Euclid」

LIVE2Dには2つの派生があります、それが「Euclid」と「Cubism」

自分はCubismしかやったこと無いのでEuclidについて語れませんが、
まあPSDを使って3Dのような表現ができるそうですね。

まあ、cubismでも必要なことはできます、ただしどちらも機能をフルで使うなら
月単位でお金がかかります(制限版なら無料)、一括購入はできないのです。

個人で月に数千払うのは痛手ですね…

では無料でLIVE2Dみたいな機能が使えるソフト、に焦点を絞っていきます。

AnimeEffects

http://animeeffects.org/ja/"]

完全無料、商用利用可、win,mac可の万能ソフト。

niconicoでデモが公開された当時は革命でしたね。+払わせてくれない詐欺。

まずすごいのが、有償に見劣りしない機能の数々、GIF,MP4等対応

唯一、LIVE2dに劣る部分があるとすれば、Unity等ゲームへの互換性ですかね…

LIVE2Dの処理をゲームに組み込むのとは違い、こちらは完成した素材を
入れるので汎用性に負ける。ただ動画の素材などとしては優秀。

読み込みは、PNGやPSD対応、メッシュは自動生成。手動も可。

ぜひ一度触っておきたい、説明書は全然ないが、ggればある、フィーリングでも全然やれる。

Unity

実は、ゲーム作成でよく使われるUnity自体にもLIVE2Dみたいな機能がある。

それは「Anima2D」というフリーアセット。

こちらも自動でメッシュを生成してくれる。

このアセットでソフトを作った会社も無論ある。

こちらは、ある意味LIVE2Dより互換性が高い。
というよりUnity自体の機能なので、特に細く設定が聞く。

(LIVE2D勢に怒られそう(汗))

こちらはやったこと無いのですが、何分Unity自体がくせがあるので、
Unityをある程度こなせないと難しいと思います。

特にこちらは、画像を切り取ったりなど、animeeffectsより細かいです。

その分完成度は高いですね。PSD対応?

ただLIVE2Dとは違い、こちらはUnity専用、Unity以外で使うことはできません。

さらに、「フリーフォームデフォーメーション」という機能が無いようです。

「なにそれ?」という方は知らないほうが幸せなのかもしれませんね…
anima2Dを考えているならですが。

感想

自分はanimeEffects推しです、cubismはPSDをそれなりに選びます。

その分、animeeffectsはほぼのPSD対応(特にレイヤー構造)、初心者向きです。

anima2Dも魅力的ですが、こちらは完全上級者向けでしょう。
それはもうゲーム開発レベルの。

となります、参考になれば幸いですね( ˘ω˘)