windows10 1809 アップデート「KB4494441」

スポンサーリンク

この記事は引用元(英文)を日本語に翻訳(google翻訳)した記事です。
引用元:

KB4494441

改善点と修正点

このアップデートには品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • Specter Variant 2(CVE-2017-5715)が有効になっている場合、デフォルトで「Retpoline」を有効にします。WindowsクライアントおよびWindows Serverの  記事に記載されているレジストリ設定を使用して、以前のSpecter Variant 2の脆弱性に対するOSの保護が有効になっていることを確認してください  。(これらのレジストリ設定は、Windows Client OSエディションではデフォルトで有効になっていますが、Windows Server OSエディションではデフォルトで無効になっています)。 “ Retpoline”の 詳細については 、WindowsでRetpolineを使ったSpectre variant 2の軽減を参照してください。
  • 64ビット(x64)バージョンのWindows(CVE-2018-11091CVE-2018-12126CVE-2018-12127CVE)に対して、マイクロアーキテクチャデータサンプリングと呼ばれる、投機的実行サイドチャネルの脆弱性の新しいサブクラスに対する保護を提供します。-2018-12130)。WindowsクライアントおよびWindows Serverの  記事に記載されているようにレジストリ設定を使用します  (これらのレジストリ設定は、Windows Client OSエディションおよびWindows Server OSエディションではデフォルトで有効になっています)。
  • Internet ExplorerおよびMicrosoft Edge用のHTTP厳密トランスポートセキュリティトップレベルドメイン(HSTS TLD)に “uk.gov"を追加します。
  • 仮想ドライブで特定の種類の.msiファイルおよび.mspファイルをインストールまたはアンインストールしているときに「エラー1309」が発生する可能性がある問題を解決しました。
  • Microsoft Visual Studio Simulatorが起動しないという問題を解決しました。
  • TCP(Transmission Control Protocol)を介したプライマリおよびセカンダリDNSサーバー間のゾーン転送が失敗する可能性があるという問題に対処します。
  • Windows Management Instrumentation(WMI)プロバイダーがWindowsツールSMI2SMIR.exeを使用すると、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)管理情報ベースの登録が失敗する問題を解決しました
  • MS UI GothicまたはMS PGothicフォントを使用しているときに、テキスト、レイアウト、またはセルサイズがMicrosoft Excelで予想される幅より狭くなったり広くなったりすることがあるという問題に対処します。
  • Microsoft Edge、Internet Explorer、Microsoftスクリプトエンジン、Windowsアプリケーションプラットフォームとフレームワーク、Windowsグラフィック、Windowsストレージとファイルシステム、Windows暗号化、Microsoft JETデータベースエンジン、Windowsカーネル、Windows仮想化、およびWindows Serverのセキュリティアップデート。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがデバイスにダウンロードされてインストールされます。

解決されたセキュリティ上の脆弱性に関する詳細情報は、セキュリティアップデートガイドを参照してください。