windows10 1903 アップデート「KB4517211」

スポンサーリンク

※現時点で翻訳されていない更新詳細ページをGoogle翻訳で翻訳しています、元記事はこちら

KB4517211

リリース日:2019年9月26日
バージョン:OSビルド18362.387

注  @WindowsUpdateをフォローして、リリース情報ダッシュボードに新しいコンテンツがいつ公開されるを確認してください。

Microsoft Edgeで終わるePubサポート

Microsoft Edgeは、今後数か月で.epubファイル拡張子を使用する電子書籍のサポートを終了します。詳細については、「ePubアプリをダウンロードして電子書籍を読み続ける」を参照してください。

クリティカル、セキュリティ、ドライバー、サービスパックなど、さまざまな種類のWindows更新プログラムの詳細については、次の記事を参照してください

ハイライト


  • PostScriptプリンターへの印刷時に垂直フォントが大きくなる問題を更新します。
  • セルラーネットワーク上の仮想プライベートネットワーク(VPN)から切断する可能性がある問題を更新します。
  • リモート仮想マシンへの接続時にオーディオの再生と録音が失敗する可能性がある問題を更新します。
  • 古いバージョンでディスプレイドライバーエラーが発生するため、古いシステムが最新のオペレーティングシステムにアップグレードできない問題を更新します。
  • 組み込みの高ダイナミックレンジ(HDR)画面を持つラップトップで画面の色が白くなる問題を更新します。 
  • 特定のゲームの音声が予想よりも静かになったり、異なったりする問題を更新します。 

改善と修正


このセキュリティ以外の更新には、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • PostScriptプリンターへの印刷時に垂直フォントが大きくなる問題を解決します。 
  • アプリケーションに対して[ 別のユーザーとして実行]を選択すると、32ビットアプリケーションからの印刷が「アクセスが拒否されました」エラーで失敗する問題を解決し  ます。 
  • ユーザーが特権ユーザーから非特権ユーザーに切り替えたときに、リムーバブルUSBディスクへの書き込みアクセスを許可する可能性がある問題に対処します。 
  • 原因となる問題に対処LSASS.EXEのシャットダウンするようにシステムを起こす動作を停止するサービスを、。使用したデータ保護API(DPAPI)資格証明書の移行時に発生しdpapimig.exe -とドメインオプションを選択します。 
  • Windows Hello for Businessユーザーに、証明書の更新時に、1つの証明書ではなく2つの証明書を与える問題に対処します。 
  • WebブラウザがWindows Serverに安全に接続できない問題を解決します。これは、SHA512ベースの証明書などのクライアント認証証明書を使用している場合に発生し、Webブラウザーは証明書に一致する署名アルゴリズムをサポートしていません。 
  • 証明書認証に事前認証要求の一部としてcnameが含まれる場合、証明書ベースの認証で認証が失敗する可能性がある問題に対処します。 
  • Microsoft App-Vアプリケーションが開かない問題を解決し、ネットワーク障害エラーを表示します。この問題は、システムのバッテリーが低下したときや予期しない電源障害が発生したときなど、特定の状況で発生します。 
  • StartTimeのWin32_LogonSessionクラスのクエリ要求で、実際のログオン時間ではなくエポックの値(1-1-1601 1:00:00など)が表示される問題に対処します。これは、管理者ではないユーザーがクエリ要求を作成するときに発生します。 
  • File Explorer が、予期されるプレースホルダーアイコンではなく、FILE_ATTRIBUTE_OFFLINEでマークされたファイルの通常のファイルアイコンを表示する問題を解決します。 
  • セルラーネットワークでの断続的な仮想プライベートネットワーク(VPN)切断の問題に対処します。 
  • リモート仮想マシンへの接続時にオーディオの再生と録音が失敗する可能性がある問題に対処します。 
  • アプリケーションの動作を停止させるMSCTF.dllの問題に対処します。 
  • アプリがimm32.dllを使用するときに発生する特殊文字の入力と表示に関する問題に対処します。 
  • Windows Presentation Foundation(WPF)アプリケーションのサイズ変更に関する問題に対処します。マウスボタンを放すまで、マウスを使用したサイズ変更に応答しない場合があります。 
  • 古いバージョンのディスプレイドライバーのエラーが原因で、古いシステムが最新のオペレーティングシステムにアップグレードできない問題を解決します。 
  • 内蔵の高ダイナミックレンジ(HDR)画面を搭載したラップトップで画面の色が白くなる問題を解決します。 
  • アプリケーションを32ビットから64ビットアーキテクチャに変換する際の問題を解決します。 
  • ドメインコントローラーのパフォーマンスモニターからActive Directory診断データコレクターセットを実行できないという問題に対処します。これにより、データコレクターセット名が空になります。Active Directory診断データコレクターセットを実行すると、「システムは指定されたファイルを見つけることができません。」というエラーが返されます。イベントID 1023は、Perflibとしてのソースと次のメッセージと共にログに記録されます。
    • 「Windowsは拡張可能なカウンタDLL「C:\ Windows \ system32 \ ntdsperf.dllをロードできません。」
    • “指定されたモジュールが見つかりませんでした。" 
  • 特定のゲームの音声が予想よりも静かになったり、異なったりする問題を解決します。
  • Microsoft App-VがCreateProcess APIのパラメーターを適切に処理できず、仮想プロセスが開かない問題を解決します。
  • 高性能電源プランを選択すると、中央処理装置(CPU)の最大パフォーマンスが有効にならない問題に対処します。
  • 読み取りバッファサイズを設定する方法を提供します。これにより、インターネットインフォメーションサービス(IIS)のWeb分散オーサリングとバージョン管理(WebDAV)機能を使用して、ファイルをUniversal Naming Convention(UNC)共有にアップロードする際のアップロード時間が遅い問題に対処できます。
  • クライアント側のキャッシュが有効になっているネットワークドライブからファイルを開くと、デバイスが動作しなくなる問題を解決します。この問題は、デバイスに特定のサードパーティのウイルス対策製品がインストールされており、Microsoft Server Message Block(SMB)サーバーではないサーバーによってドライブがバックアップされている場合に発生する可能性があります。エラーコードは「0x27 RDR_FILE_SYSTEM」です。
  • ADMXの取り込みによって作成されるモバイルデバイス管理(MDM)設定によって管理されるデバイスの構成を容易にします。以前に取り込んだADMXファイルを新しいバージョンで更新できます。以前のADMXファイルを削除する必要はありません。このソリューションは、ADMX取り込みを使用するすべてのアプリケーションに適用されます。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows Updateの改善

マイクロソフトは、信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含むWindows Updateから自動的に更新を受信するように構成されたWindows 10を実行しているデバイスには、デバイス互換性およびビジネス向けWindows Update延期ポリシーに基づいた最新のWindows 10機能更新が提供されます。これは、長期サービスエディションには適用されません。

このアップデートの既知の問題


症状回避策
一部のInput Method Editor(IME)が応答しなくなるか、CPU使用率が高くなる場合があります。影響を受けるIMEには、Changjie / Quickキーボードを備えた簡体字中国語(ChsIME.EXE)および繁体字中国語(ChtIME.EXE)が含まれます。この更新プログラムのセキュリティ関連の変更により、タッチキーボードと手書きパネルサービスが既定のスタートアップの種類である手動に構成されていない場合、この問題が発生する可能性があります。この問題を解決するには、次の手順を実行します。[ スタート ]ボタンを選択し、「サービス」と入力します。サービスアプリを開き、タッチキーボードと手書きパネルサービスを見つけますタッチキーボードと手書きパネルサービス ]をダブルクリックし、[ プロパティ]を選択しますStartup type:を見つけて、それをManualに変更します。OKを選択します。TabletInputService サービスはデフォルトの構成になり、IMEは期待どおりに動作するはずです。